カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

出張ヘルス

 出張ヘルス呼んだところ、意外な出会いになってしまいました。

 東京の中小企業で働いている男です。
年齢は25歳。
独身なのをいいことに、頻繁に出張に行かされたりして。
しかも地元の、新潟には良く行かされてしまいます。
出張の疲れを癒やす、それは何と言っても性的な興奮だったりするわけです。
経費と偽り、性的な行為を楽しむための予算を上手に算出してしまっています。

 あれは、1月の寒い時期の新潟出張の時のことでした。
いつものように、出張ヘルスを宿泊しているホテルに呼ぶことに。
ヘルス嬢のテクニックで、たっぷり気持ちよくしてもらう、想像するだけでも顔がニヤケてしまうし、股間も起き始めてしまいます。
電話して、60分コースをお願い。
指定の時間になると、チャイムが鳴りました。
「よろしくお願いします」
室内に入ってきた女の子を見て、ちょっと既視感を覚えてしまいました。
まあ、他人の空似と言うのは、多々あること。
なるべく気にしないようにはしていました。
でも、どうしても誰かに似ている、この考えが頭から離れなくなっていました。
顔立ち、喋った感じ、声の質、身近にいた気がしてならなかったのです。
でもまさか、出張ヘルスで知り合いが来るとは、ヤッパリ思う事ができませんでした。
オナ友

 サービスが始まって行くと、次第に自分の記憶に焦点が合ってきました。
「あのさ、〇〇高校の3年3組にいなかった?」
「えっ」
ヘルス嬢は、かなり驚いた顔をしていました。
「あの、もしかしてだけど、高橋美緒?」
「あっ、ああっ、あああっ、渡辺?」
「やっぱり!、同級生じゃないか」
高橋美緒は、クラスどころか学年でも、かなり人気のある魅力的なルックスの女の子だったのです。
その子とは知らず、チンコをしゃぶられていて、ひたすら驚愕。
「うそみたいだね、こんなところで会うなんて」
彼女も驚きを隠せない状態。
「学年のマドンナが、自分のチンコにかぶりついているなんて、本当ビックリ」
「そっかぁ、同級生なら、ちょっと多めのサービスしちゃおうかな」
魅力的な笑顔で言われ、心臓バクバク。
耳元で「本番ありでも良いよ」と、囁いてくれました。
そこからは、出張ヘルスの枠を超えた大人の関係。
ガチなほど、大興奮でズボズボやらせてもらいました。

 別れ際「また新潟出張に来たらさ、どう?付き合ってくれる?」と、聞いてみました。
彼女「ふふっ、いいよ!でも同級生たちには、絶対内緒だからね」と、いたずらっぽい笑顔を見せてくれました。
援助交際デリバリー
フェラ援